トップ

AGAを増毛で改善

薄毛の原因はAGAである

AGAは男性ホルモンの乱れ

見た目の印象はとっても大事。なかでも初めて会う人の第一印象は、会った瞬間から数秒で相手のイメージとして記憶されてしまうと言われています。一度定着してしまった印象はなかなか変えることもできません。

性別によって一番初めに目につくところは違いますが、毛髪に悩みを抱いている男性は特に、見た目印象に対してナーバスになりがちです。毛髪についての悩みを抱えている男性を救うために、さまざまな育毛方法が巷にもありますが、薄毛の悩みを解決しようといろんな手段や薬、発毛促進剤を試した経験がある人も多いでしょう。

しかし、自分の薄毛の原因を正しく理解して、それに合う適切な方法で治療をしなければ改善しないどころか、ますます悪化してしまうというケースもあります。男性の薄毛の原因として多いのがAGA(男性型脱毛症)で、DHT(ジヒドロテストテロン)という男性ホルモンが、正常な発毛成長サイクルを崩してしまうのが原因だと言われています。

このDHTは、もとは髪の毛を太くして発育される作用を持っているテストテロンと呼ばれるホルモン物質です。毛根の近くにある皮脂腺などに多く存在している5αリダクターゼという酵素物質が、発毛の役割を担うテストテロンを全く逆の脱毛に作用するDHTに変化させてしまうことでAGAが発症します。

本来は発毛に作用する男性ホルモンが、活性して過剰にパワーを増加させてしまうDHTに変異しておこるので、発症するのは男性が大半です。ごく稀に女性にも発症する人がいますが、全体または一部分の脱毛が進行する男性のAGAとは違い、女性は全体的に薄毛が進行するという場合が多いのが特徴です。AGAを改善するならこちらをご覧ください。

抜け毛や脱毛に悩む男性にとって魔のホルモンともいえるDHTは、皮脂腺近くの毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくことで、発毛サイクルを乱し抜け毛や薄毛を発症させます。思春期にはニキビの原因ともなるDHTですが、思春期を過ぎると主に脱毛を促進させるために作用します。男性が30代以降になって脱毛の悩みを感じ始めるのはこのためです。